スマホを綺麗且つ清潔に保ちたいならスマホコーティングがおすすめ

新しくスマホを購入しました。

私がスマホを新調した際にまず行うのが画面の保護フィルム貼りです。
ただ、手先が不器用なので、いつも貼るのに苦戦します。

今回は失敗したくなかったので何か良い方法は無いかとネットで調べていたところ、保護フィルムを貼るのではなく、スマホコーティングを行う方法が良さそうだと思ったので簡単に紹介したいと思います。

広告

スマホコーティングとは?

スマホコーティングというのは、スマホ画面に保護フィルムを貼るのではなく、コーティング剤を塗ることで薄いガラスの被膜を形成し、スマホの画面を傷から守ってくれるコーティングを施すことです。

スマホコーティングのメリット

画面が固くなるので割れにくくなりますし傷もつきにくくなるのでよくスマホを落とすという方はコーティングしておくと良いでしょう。
指紋汚れもつきにくくなりますのできれいな画面を保つことができます。

後は、個人的に気にいっている点としては、保護フィルムと違って見た目が変わらないというところにあります。
保護フィルムを貼るとフィルム貼ってる感が隠せないのですが、コーティングだとそれがわからないです。

また、コロナ禍の影響により、手に取るもの、さわるものを清潔に保ちたいという希望を持つ方が増えていますが、よくさわるものの代表例であるスマホを清潔に保ちたいとお考えになる方は増えています。
全てのスマホコーティングがそうであるとは限りませんが、スマホコーティングには除菌や抗ウイルス機能を備えたものもあり、例えばG-PACK等はそういった機能・サービスもあるため、スマホコーティングをするメリットは大きいと言えるでしょう。

広告

スマホコーティングデメリット

強いてデメリットをあげるのであれば、光沢感が出るので、日光の日差しによる反射がきつくなったように感じます。

そのため、天気がものすごく良い日などは、画面が見え難くなる可能性はないこともないです。

しかし、メリットの方が個人的には上回っています。

コーティングは自分でもできる

コーティング剤を買ってきて自分でやることは可能です。
当たり前ですが、自分でやった方が値段も安いです。

ただ、お店でやってもらった方が確実ですし、楽です。また、メリットの項目で記載した付加価値の高いコーティング(抗ウイルス等)をするのであれば、業者の方にやってもらう必要があります。
さして値段は高くありませんので、コーティングしようという意思をお持ちのケースであれば業者利用をおすすめします。

まとめ

スマホコーティングを施すことで、持っているスマホを綺麗且つ清潔に保てるようになります。
保護フィルムよりも見栄えが良いのでこの機会にスマホコーティングを行うことを検討してみてはいかがでしょうか。

なお、今回は歴史とは関係ない記事となりましたが、スマホも含めたテクノロジーや技術の歴史についても解説していますので、是非ご覧いただければと思います。

広告