転職が当たり前の時代が到来した?

転職が当たり前の時代になりました。

昭和・平成初期の時代において、日本は終身雇用を前提とした採用を行っていたので、転職する人はどちらかと言えば少数派であり、転職回数が多くなると職歴が荒いということで、ダメな人扱いされることもあったぐらいです。

ところがここ数年で終身雇用制度の崩壊、年功序列型の給与体系の維持が難しくなり、日本的経営・雇用が厳しくなったことを背景に、「転職せざるを得ない人」が増えたことから転職市場は活発化しています。

それに伴い20代、30代の若手人材も、1つの会社で勤務し続けること、会社にしがみ続けることが大きなリスクであると気が付き、自身のスキルを高めると同時にどこでも通用するスキルを身につけるべくより良い経験がつめる企業へ転職し、自身を高めていく傾向にあります。

そうしたことから、転職すること自体が当たり前の時代となりつつあります。

しかし、その一方で転職に失敗して状況が悪化してしまう方も増えていることから、転職においては事前の情報収集がとても重要だと言えます。

広告

転職体験談を参考にすることで転職失敗のリスクや不安を取り除ける

転職失敗を避けるために転職エージェントを利用する方もいますが、エージェントに頼るだけでなく、あなた自身でもしっかり情報収集をしておくことで、失敗を回避できる可能性は高まります。

他の人がどういった経緯で転職をするに思い至り、どういったところへ転職し、その後どうなったのかといった情報を取得し、あなた自身の状況と照らし合わせてみることで、その転職にどういったリスクがあるのか、あるいは転職することでどんな良いことが待っているか、想像がつくようになります。

転職体験談を探すにあたっては、「みんなの転職「体験談」。20代、30代、40代、50代の転職ストーリー」がとても参考になります。

こちらのサイトでは20代・30代など年代ごとに区切って転職体験談が紹介されているので、ライフステージ・キャリアステージに合わせた事例が見つかりやすくなっています。

やはり、20代と30代では転職する理由や背景は異なります。
30代の場合ですと、例えば結婚を機に、あるいは出産を機にといったケースも多いかと思いますが、そういったあなたと似たような境遇の方の転職事例を参考にすることで、転職後の状況がイメージできるようになり、結果的に転職失敗を避けたりすることができるでしょう。

また、場合によってはやっぱり今は転職を辞めておいた方がよさそうだという事実に気が付くことができるかもしれないなど、他の人の体験談を見ることで、新たな気づきが生まれる可能性があります。

転職が当たり前になった今の時代においては、たくさんの転職事例・体験談がありますので、こうした他の人が既に経験した事実を参考にさせてもらい、より良い転職が実現できるようにしていきましょう!

広告