髪のハリ・ツヤを取り戻すために毎日行いたい「ヘアケアの6つの習慣」

美しい髪で
今より若々しくありたい
健康な美髪を年齢で諦めないでいたい。

日進市日進駅1分の髪質改善&艶髪ヘッドスパ

ここのサロンのオーナーさんは長年の美容歴から
豊富な知識を活かし

・髪質改善
・艶髪
・薄毛,抜け毛を改善する頭のヘッドスパ

について効果的な方法を編み出された方です。

「即効性が高く元に戻りにくいと多くの芸能人やモデルも絶賛する」艶髪商品や髪の痛みの改善に特化したヘアカラーで

理想の髪質を実現するための
日進市日進駅の美容院です。

URL 日進市の美容院

加齢や女性ホルモンの分泌減少による毛周期の乱れ。
血管の老化による血行不良で毛根部に栄養が十分にいきわたらない。
毛を作るのに関わる細胞の衰えなど
これらの原因の中でも、特に血行不良を改善することが、髪のハリ・ツヤを取り戻す近道になるといいます。

髪のハリ・ツヤを取り戻すために毎日行いたい「ヘアケアの6つの習慣」をご紹介します。

広告

頭皮の血行を促進!毛根を元気にするヘアケア

ヘアケア習慣1:頭皮に合わせたシャンプー選びを

健やかな髪を作る上でシャンプー選びで気をつけて欲しい成分があります。

顔につける基礎化粧品と同じように、頭皮につけるシャンプーやコンディショナーも自分の頭皮に合うものを選ぶのが大切です。

どれを選んでよいかわからなければ、美容師さんに聞いてアドバイスしてもらうのがおすすめです。

広告

ヘアケア習慣2. 頭皮環境を整えるシャンプーの仕方

2. シャンプーは手に伸ばしてからつけてください

髪に合わせた適量を手に取り、軽く泡立て、数箇所に分けて髪になじませます。

3.生え際から側頭部や後頭部、耳周りと万遍なく指の腹全体を使いマッサージするように洗います。サロン用のシャンプーはどちらかと言うと地肌や髪に優しく作られているので1度洗いより2度洗いが基本になります。

4.そしてはじめと最後流すときは
ぬるま湯で髪と地肌をしっかり流します。
シャンプーをしっかり落とすためにも色々な方向からお湯を当てて下さいね。
濯ぎ残しがあると地肌や髪に負担がかかります。
時間をかけてシャンプーを流しましょう。

40度以上の熱めのお湯は、過剰に皮脂を奪って頭皮が乾燥したり、痒くなったりする原因になるため、シャンプーの際のお湯の温度は体温に近い36~38度が最適といわれています。

ただ、ぬるま湯をいきなり頭からかけると体が冷えてしまうので、レンジで蒸しタオルを作って
暑さ加減を手で確認しながら首に巻いたり
また、浴室を蒸気や暖房で十分に温めるか、湯船にゆったり浸かって体を温めてからシャンプーするようにしましょう。

ヘアケア習慣3.週に1〜2度はヘッドマッサージも!時にはプロの手をかりるのも大切!

頭皮の硬さや凝り、
薄毛・抜毛・スタイリングに悩まされている方は、自分の頭をさわってみてください
「ボコボコ」していませんか?

実は、頭がい骨かと思っていたそのボコボコは
「老廃物の固まり」で、悩みの原因かもしれません。

まずは頭皮の「皮膚としての状態」
頭皮の汚れや炎症、乾燥は毛根にとっても大きなダメージ になります。
さらには頭皮下の老廃物を減らす
植物でいうなら土壌を耕して石などのゴミを取り除き血流を促す事が健やかな髪や地肌の維持には
重要なんです。

湯船に浸かっているときは体全体の血流がよくなっているので、マッサージ効果も増幅します。毎日のシャンプーに加えて、週に3度のヘッドマッサージを心掛けましょう。
またサロンでの定期的なヘッドマッサージもオススメです。

まずは指の腹を使って髪の生え際から頭頂部に向け、顔の筋肉を引き上げるイメージで指圧します。
頭皮がつながる首、肩まわりのコリをほぐすことも忘れずに
タオルドライは優しく柔らかく
ぬれているときの髪の毛はキューティクルが開いた状態。防御機能が低く、ダメージを受けやすくなっているので、タオルドライも優しくが鉄則です。

髪を美しく豊かにするために
「髪が作られる環境を整える」ことは 遠回りのようで
実はいちばん近道なのです。

ヘアケア習慣4.ドライヤーは熱を上手く使い冷風で仕上げを

髪は夜のうちにしっかり乾かしましょう。
ドライヤーはまず水分が残りやすい頭皮から乾かします。
髪を根元からかき上げるようにし、15~20cm離れた位置から温風を当てます。
頭皮を乾かしたら、いよいよ髪の毛。根元をふんわりさせるために、毛の流れと反対の向きに温風を当てます。最後は冷風を当ててキューティクルを整えます。

ヘアケア習慣5.カラダを温める、血流改善を心がける

普段PC業務が中心の方や
日常生活でストレスが溜まっていたり
運動不足で
足を使わない生活が当たり前になっていると

お風呂をシャワーで済ませてる事は
身体と内蔵が冷えやすくなります。

普段歩く事が少なく運動不足が当たり前になっていると全身の血の巡りが悪くなり
ここにダイエットが加わると薄毛になりやすくなります。
健やかな髪を作るには
毛細血管に充分に血を巡らせる事が大切で、

身体を温める運動、入浴、ストレスケアは
必須なんですよ。首や頭、お腹、腰、足首など冷やさないように気をつけていきましょう。

ヘアケア習慣6.バランスのよい食事は基本中の基本

頭皮環境を整えるためには、食事で体の中から整えるインナーケアも大切です。
艶やかな髪を維持するために
良質な水分や油も必須です。
体内に栄養を取り込むためにバランスのよい食事を心掛けましょう。

髪の主成分であるたんぱく質(脂身の少ない肉、青魚、卵など)の他、ミネラル(牡蠣、牛肉、ワカメなどの海藻類など)、ビタミンB群(大豆製品、シジミなど)非ヘム鉄やヘム鉄(緑黄色野菜、豆、魚介類、レバーなど)
をしっかり取ることが大切です。また体を冷やす作用のあるカフェインは、頭皮の血流を悪化させることもあるので取り過ぎに気を付けましょう。

ただ、こうしたヘアケア習慣を続けても、すぐに効果が出ないことも多いそう。「髪の変化を求めるなら頭皮から始めて3か月は続けることが大切です」と黒田さんは言います。

シャンプーの見直しで頭皮環境を整え、ヘッドマッサージ
黒田さんのサロンではそんな
頭皮や髪のお悩みを改善できる
頭皮改善プログラムをご用意してます。

広告